本文へスキップ

ひと・まち・秋田を元気にしたい! TAKAHIRO FUJIEDA ASSOCIATION

プロフィールprofile

秋田のまちに新風を! 誠心誠意 あなたの声を市政に届けたい!

【 経 歴 】

・氏名:藤枝隆博(ふじえだたかひろ)

・年齢:昭和31年5月30日生まれ

 仙北郡角館町に三男として生をうける。昭和47年4月秋田市立秋田商業高校入学後、在学中は硬式野球部員として三年間勉学とスポーツに励む。昭和50年3月同高校卒業後、日本国有鉄道秋田管理局に勤務。昭和62年4月国鉄改革によりJR東日本秋田支社に採用。設備関係職場や東京勤務を経て、JR秋田保線技術センターに勤務。平成26年5月同社を退職し、「決戦」に備える!


【 活 動 歴 】

○ 新屋大川町の役員として13年

 新屋大川町々内会(美大、美大付属、西中を含めた文教区域)の総務部長を務め、町内会報「回覧おおかわ」は、発行部数第364号に至り、これにより町内での情報の発信と共有化を図っている。また、平成13年には大川町50周年史を発行しその編纂にあたる。

○ 新屋鹿嶋祭保存会の立上げに尽力

 平成23年11月20日、新屋鹿嶋祭保存会を立ち上げ総務部長に。会報「鹿嶋さん」編集発行と「鹿嶋祭歴史講演会」「鹿嶋祭座談会」等保存会活動をはじめ、平成26年夏には、「鹿嶋祭PRイベント」「〜湧水の郷〜あらや水祭り」等のイベント企画の事務局長として新屋の人々と汗を流す。「鹿嶋船制作委員会」を立ち上げ「模範的な新屋の鹿嶋船」の製作に関わり、平成26年9月からウェスター2階展示場に1/2サイズの鹿嶋船を展示中。

○ 西部地区及び新屋市民憲章推進協議会での役割

 町内会活動を通して秋田市民憲章の啓蒙活動に参画。制定50周年を迎えた市民憲章のより良い顕在化を図るため推進協議会の事務局長として4専門部や各町内会と密接に活動中

【 横 顔 】

《野球》 中学・高校と野球に励み、現在360歳、500歳野球で「一番バッター内野手」(新屋日新クラブ、新屋OB野球所属)

《バドミントン》 50歳から始めたバドミントン。ウェスター多目的ホールでハイクリア、西部シャトル、さくら会、金曜愛好会で羽根を打ってます。

 その他、ゴルフ、ビーチ・バレー、グラウンドゴルフ、室内カーリング、自転車など仲間と楽しむ。やればやるほど奥が深くトコトン、ハマるタイプ。

藤枝隆博後援会 事務所

〒010-1632
秋田市新屋大川町16-1

TEL 018-828-1871